×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

ЯOCKTRON SONGS


SUNNY TOWN
music&words by 角田大昌
arranged by ЯOCKTRON

絵に描いた様に綺麗で
僕等着くのを待ってる
いつか行ってみよう
まだ遥か遠くの方へ

坂道があるとしよう
一人じゃないから行こう

今の気分なんてこんなもんさFLY
立ち尽くしていたって始まらないじゃない
夢のfilmを巻き戻してみたら
現在の自分だって笑っていける

行先の書いたチケットは
ゴミ箱に捨てちまったよ
いつか行ってみよう
まだ遥か遠くの方へ

回り道だとしても
ムダなんてないさきっと

今の気分なんてこんなもんさFLY
立ち尽くしていたって始まらないじゃない
光る陽に向かって道が出来たら
鼻唄歌って生きていける


今の気分なんてこんなもんさFLY
立ち尽くしていたって始まらないじゃない
夢のfilmを巻き戻してみたら
現在の自分だって笑っていける

life.
music&words by 角田大昌
arranged by ЯOCKTRON

静寂な暮らしならもうかなり年月が経った
唄歌い笑いたいGOOD LIFE錆び付く前に
いつまでも冷めない様に
いつの日でも覚めない様に

泣かないでいて 今夜だけは
一度限りの歌を聴いて
精一杯な笑顔くれた君に届くかな

褪せない色になった今は もう一つのカタチ
追い求めては募る気持ちを限りなく遠くまで飛ばして
また新たな世界へ歩み出した

いろんな色が混ざり合い 長い一日を終える
不安定に変わる色は終着を目指す

singing song 歌うから
i’m singing song 目を閉じて
確かめてほしいから つながっているから

褪せない色になった今は もう一つのカタチ
追い求めては募る気持ちを限りなく遠くまで飛ばして
また新たな世界へ歩み出した


Orange Room
music&words by 角田大昌
arranged by ЯOCKTRON

そこからの道なんてさ 
何処に続いてるのかって
そう思ってみてるだけで 
気が遠くなるだろう

目の前の扉開けずに 
燻ぶって溜め息漏らして
何度目かの深い呼吸で 
Orenge Roomの戸を開けて

涙が流れた 言いたい事も言えずに
涙が流れたんだ 意味なんてないさ 
自由でいいんだって

オレンジに包まれた 
穏やかな光の中で
逸れたメロディ探して 
ただそれを繋いでいたんだ

目の前の扉開けずに 
燻ぶって溜め息漏らして
何度目かの深い呼吸で 
Orenge Roomの戸を開けて

涙が流れた 言いたい事も言えずに
涙が流れたんだ 意味なんてないさ 
自由でいいんだって


TOPPAGEへ戻る